弁護士と依頼人間のトラブル事例

弁護士とトラブルになる依頼人の事例とは

依頼人が引き起こす意外なトラブル

みなさんは弁護士についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
法律を知り尽くし、国民のためにそれを駆使する職業だと思われていないでしょうか。

実は、弁護士というのは公務員ではありません。
したがって、弁護士の報酬は依頼人個人が支払います。
決して、国から給料が支給されているわけではないのです。

以上のように、弁護士は独立してその営業を行っているため、当然営業方針を決定する権利があります。
特に勘違いされやすいのが、弁護士は依頼者からの依頼を全て引き受ける義務は無いということです。

弁護士というと、依頼人がどんなに困っていようと優しく言葉を投げかけ、励まし、問題解決に向かって一緒に努力するというイメージを持ちがちですが、それはドラマの中だけだという弁護士も実際にいらっしゃいます。

自分にとって荷が重いと判断したり、依頼者との契約がうまく行かない場合は、その依頼を断るケースもあります。

このように、弁護士は独立してその業務を行ってはいるのですが、日本弁護士連合という組織がそのとりまとめをしています。
これは、各地域に広く展開されている弁護士事務所の情報をまとめ、オンラインでその情報を見られるようにしたサービスも提供しているところです。

もし弁護士にかかる機会があり、でもどの弁護士が良いかわからないというときはオンラインでその情報を調べ、その事務所へ連絡することができます。

このように、弁護士というのは近いようで遠い存在です。
弁護士を困らせないために、わたしたちができることはあるのでしょうか。